溢れ出る才能

皆さんこんにちは。 うちの職場の栄養士の絵心、 いや、絵力が凄いので、少し共有したいと思います。 これだけかけたら楽しいやろなぁ。 興味を引く絵のタッチ。 そして食べることに関して豆知識も増える。 素晴らしい取り組みですなぁ。 ……続く

一人暮らしには嬉しいサプライズ

皆さんこんにちは。 先日、職場の先輩から 「おでん好きか?食べる?」 って聞かれたから 「いいんですか!?いただきます!」 って嬉々として返事したところ、 出てきたのがこれ。 えっ、鍋で? もっとこう、タッパーへ入れるとか、 ちょっと温めて味見とか…

将来絶対に太ると思う

皆さんこんにちは 夜9時頃、ふと思った。 「甘いものが食べたい。」 昨日から続く雨が上がり、雲の切れ間から月がのぞいた頃に、私の心の隙間から甘味を求める欲望が顔を覗かせた。 冷蔵庫を開けた。 タマネギ、大根、ポン酢… サラダを食べたいわけじゃない…

結婚式の招待状が来るたびに「早っ!」て言ってしまう癖を直したい

皆さんこんにちは 先日、高校・大学と同じ学校かつ同じ部活で活動した友達の結婚式に出席ました。 新婦さんも大学の頃の同級生で、関わりがあったこともあり、非常に身近に感じる結婚式でした。 この2年ほどで結婚する友達がグッと多くなり、招待状が来るた…

本を読もう

皆さんこんにちは 先日調べものをしていると、ある統計が出てきました。 「都道府県25歳以上読書人口ランキング(2016)」 自分の住む和歌山県を見てみると …………… ワースト2位……… いやあかんがな! 和歌山県民全然本読めへんやん! そら近くのジャスコの本屋潰…

短編小説的絵本

皆さんこんにちは。 今日はショーン・タンの3冊目 「遠い町から来た話」の紹介をしたいと思います。 潜水服の人が立つ表紙が印象的ですが、 この本は挿絵の入った短編小説と思ったほうがいいかもしれません。 もちろん潜水服の人の話も含まれています。 前回…

ショーン・タンの世界2 「不安と希望」

皆さんこんにちは 今日は先日の続き、ショーン・タンの2冊目を紹介したいと思います。 題名は「アライバル」 翻訳前で「THE ARRIVAL」なので 到着という意味なのでしょうか、、、 表紙からまた、作者の絵の緻密さと この架空の生き物の不思議な様子がにじみ…

不思議な世界

皆さんこんにちは。 今日は休みを利用して3冊の絵本を読みました。全て同じ作者の本で、何というか、一言で表すと「独特」な作者です。 その作者の名は…… ショーン・タン オーストラリアの作家さんです。 図書館に入りふと見た新刊の棚の中にあった、目を引…

理不尽の世界 「エドワード・ゴーリー」

【ネタバレ注意】 皆さんこんにちは。 先日は感動する絵本を紹介したのですが、今日は打って変わって、怖い絵本を紹介したいと思います… まぁ、夏ですからねぇ… 皆さんは、「エドワード・ゴーリー」と言う作者をご存知でしょうか。 最高に気持ち悪い絵本を書…

困った子は困っている子【ネタバレ注意】

【ネタバレ注意】 みなさんこんにちは。 先日、職場のデスクの上にこの絵本が置かれていました。 「おこだでませんように」 くすのきしげのり 作 石井聖岳 絵 おそらく 「読め!」 と言うことなのだろうと思い パラパラと読みました。 率直に言うと、 この絵…

おぼん

皆さんお久しぶりです。 今年もご先祖の弾丸帰国ツアーが 8月13日〜15日の間であったわけですが、 みなさんゆっくり休めましたか? その日を含むお盆の時期は 全国の宿泊施設は掻き入れ時。 例に漏れず、私も祖父母の経営する民宿からヘルプがかかり、怒涛の…

桃太郎って本当に正義の味方?

みなさんこんばんは。 先日、同僚の先生と話した内容を一つ。 「桃太郎って見方変えたら極悪ちゃう?」 「ポッと桃から生まれた子って、 言ってもたら赤の他人やん。 その赤の他人が大きくなって 鬼退治しにきたところで、 鬼からしたら、こいつら誰やねん。…

夏の代名詞

暑い、、、 ただひたすらに暑い、、、 私ちょっと溶けてません? 目尻のあたりとか溶けてきてません? 20代前半の頃は こんなにシワ寄らんかったはずなのに…… 私もずいぶん経たなぁ 年々暑くなってますよねこれ? 去年のセーブデータ引き継いでますよね? 毎…

背番号

みなさんこんにちは。 20190804 和歌山へ back numberのライブに行ってきました。 例の絵の上手い職場の同僚に誘ってもらい、 初のback number LIVEでした。 「back numberなんか、 男版の西野カナみたいなもんでしょ」と 「交差点の角から好きな子が 飛び出…

学ぶは真似ぶを信じて

みなさんこんにちは。 この26年間で「学ぶは真似ぶ」 と言う言葉を 1200回くらい聞いたことがあります。 何かするたびに 「学ぶは真似ぶ。学ぶは真似ぶ。」 と偉い人たちに言われてきました。 真似することから、 色々気づいて勉強しなさい。 って言う意味で…

色って深い。マリアナ海溝くらい

師匠 自分 師匠 自分 並べることすらおこがましい、 こんなアホそうなねこにも、 殺人鬼みたいなうさぎにも、 「ぴったんこ」 されたくないし、お尻で 「くっついたポン!」 なんかされた日には 皮剥けるまでお尻洗う。 今日は絵の得意な同僚に聞きました。 …

勝手に師匠認定

最近たまたま、 「浦中こういち」さん という方のワークショップにお邪魔しました。 絵本作家& 遊び作家を生業としています。 そのまま打ち上げにお邪魔して……ん? 一緒に飲みました。……あれ? どういう風の吹き回し? 絵本作家の裏話も楽しく話して頂いて、…

絵本作家を目指して。

気づけばもう26歳。 20代といえば聞こえはいいが、四捨五入をすると30代になってしまう。 実質「三十路!」 これを読んでくれている人の中には、三十路の人もいれば、四十路の人もいるかもしれません。 20歳になったばかりの頃は30歳になったら皆おじさん、…